死亡から葬儀・法要までの概要
お葬儀は以下のような順序で執り行われます。
1,医師による死亡宣告
2,死亡診断書
3,遺体の搬送
4,遺体安置(枕飾り)
5,喪主・世話役の決定
6,葬儀日時・場所・規模の決定
7,身内・寺院への連絡、関係者への死亡の通知
8,枕経
9,遺影写真の準備
10,役所・火葬手続き
11,ご納棺
12,通夜
13,葬儀準備
14,葬儀・告別式
15,出棺
16,火葬
17,骨上げ
18,初七日法要
19,満中陰法要(四十九日)
20,納骨

医師による死亡宣告
死亡診断書
医師から死亡診断書を受け取ります。
遺体の搬送
自宅で亡くなった場合は
係員がすぐに自宅へお伺いします。

病院で亡くなった場合は、寝台車にて
式場又は自宅までお送りします。
(有)駕泉 072−874−1142
遺体安置(枕飾り)
ご遺体を自宅の仏間または座敷に頭を
北(又は西)に向けて寝かせます。
神棚の戸を閉め白紙を張ります。
仏壇は宗派によって閉じる場合もあります。
枕飾りを用意します。(当社でご用意します)
喪主・世話役の決定
喪主は通常、世帯主・配偶者・長男がなります。
葬儀日時・場所・規模の決定
  身内・寺院への連絡
通夜・葬儀の日時と会場は、僧侶や会館の都合
などもありますので、喪主・僧侶・葬儀担当者の間で
決定します。
関係者への死亡の通知
会社・近隣・自治会等への連絡をします。
枕経
通夜前にすることもあります。
遺影写真の準備
遺影にふさわしいお写真で出来るだけ
鮮明な写真をご用意ください。
ご希望により服装や背景も修正いたします。
役所・火葬手続き
死亡診断書・ご印鑑をお預かりし当社にて
代行いたします。
ご納棺
故人愛用の衣服・手回り品をいれてあげます。
(基本的に燃える物になりますが、火葬場ごとに
規定があります。)
通夜
葬儀準備
・火葬場へ行く人数を確認します。
・弔電を整理し奉読の順を決めます。
・焼香順位を作成します。
・御布施の用意をします。
葬儀・告別式
出棺
火葬
通常1:30から2:30かかります。
この間に精進落としの料理をとる場合も
あります。
骨上げ
初七日法要
近頃は葬儀当日に行うことが多いです。
満中陰法要(四十九日)
通常ここまでに黒塗り位牌・御礼状
香典返しを用意します。
※宗派によって異なります。
納骨
納骨の時には埋葬許可証が必要ですので
お骨と一緒に保管し墓地霊園の管理者に
渡します。